「バケツ1杯の水」の洗車

洗車で最も重要な工程である水洗いを、当社では「バケツ1杯の水」で行います。カーシャンプー等の洗剤やスポンジも使いません。使うものは「バケツ1杯の水」と「2枚のタオル」だけです。

結果的に環境に優しい洗車となっていますが、それが目的ではありません。
バイクでの出張を可能にするために、このやり方を選んでいる訳でもありません。


スーパー銭湯の駐車場で洗車している時に、お客さまからよく質問をいただきます。
「水はどうしているの?」って。そりゃそうですよね。洗車している周辺の路面がまるで濡れていないのですから。
「水はバケツ1杯の・・・」と言いかけたところで、「話にならない!」といった顔をされて立ち去られてしまうことも多々あります。聞いてもらえても「キズがつくよ」とか「ただの水拭きじゃない」と言われることもあります。

洗車は水をバシャバシャかけて泡だらけにするものだというのが世の中の常識となっています。でも、その先入観が愛車をシミだらけにしていることがあることは「愛車の輝きを保つための理想のボディケア」のページで説明しました。

余談ですが、定期仕上げのお客さまは「バケツ1杯の水」で洗車していることを知らない方も多いのも事実です。仕上がりに満足いただいており、どうやってその場所で洗車しているかということは特に気にされていないようです(笑)。

 

当社の洗車は「エコ洗車」でも「簡易洗車」でもありません。そして「ただの水拭き」なんかではありません。「バケツ1杯の水」はクルマに一番優しい水洗いの方法です。自社の車を洗車する時も、当然「バケツ1杯の水」で洗車しています。

 

乾いたタオルでボディを乾拭きすれば簡単にキズはつきます。でも、当社の水洗いは、十分に水を含ませたタオルと良く絞った2枚のタオルを使ってボディの状態に合わせて丁寧に仕上げます。拭くというよりも、砂などの汚れをタオルで吸い取るイメージです。簡単そうですが2枚のタオルだけで水滴1滴残さないように仕上げるのは、なかなか難しい作業です。是非、チャレンジしてみてください。

力を入れて擦らないからキズがつきにくい。
そして、カーシャンプーなどを使わないから不純物も残さない。
水洗いとして、何か不足していることはありますか?

カーシャンプーを含ませたスポンジでゴシゴシ擦ったって水アカは簡単には落ちません。水アカも落とせるような強力なカーシャンプーを使えば、より濃度の高い不純物が残るリスクが高まります。

しつこい汚れは当社のクリーティングコートでワックス仕上げをする際に簡単に落とせますから。